車を使えるようになろう

カウンセリング

薬物治療を切り替えよう

車を運転できないと生活をするのが大変になる地域も多いものの、抱えている病気や使用している薬によっては車を使えなくなってしまうこともあります。うつ病では症状が深刻な場合や強い薬を使っている場合には禁止されてしまうことが多いのは確かです。ただ、うつになっていてもどのような症状が出ているかは人によって異なり、ただ病気になっているだけであれば特に車を使うのに問題がないこともあります。医師に申し出て診断書を書いてもらうことができればこれから免許証を取得することすらできるのです。それを目指して必死にカウンセリングに通って根本的な治療を達成することを目指すのは重要な考え方でしょう。治療を進めて改善させるというモチベーションを持つのはメンタルヘルスを向上させるには欠かせないことだからです。一方、症状としては問題がない場合にも、うつ病の治療のために使っている薬が原因で運転が禁止されることもあります。あるいは特定の症状を抑えられる薬が見つかれば、その薬を飲んでいることを条件に車を使えるようになることもあります。医師に率直に意向を伝えて、薬の変更を検討してもらうようにすると近いうちに車の運転をできるようになる可能性があるのです。

車を使えるようになりたいという発想から医師に診断書を書いてもらうことを求めて承諾されればすぐに運転できるようになるメリットがあります。しかし、その時点で断られたとしても、薬を変更して何とかして車を使えるようになりたいという気持ちを伝えるのにも大きなメリットがあります。今まで使っていた薬でかなりの範囲のうつ病の症状を抑えることができていたとしましょう。しかし、実は別の薬を使えばもっと広く症状を抑えられることもよくあるのです。別の薬を使えば車の運転をしても良いと言えるけれど、今のところは車を使えなくなってしまう薬が効いているようだから変更は検討しないということも珍しくありません。ただ、医師としては患者のストレスを減らしたいという気持ちで薬の変更は苦情がない限りはおこなわないというスタンスにしている場合がほとんどです。患者のほうからきちんと意思を伝えれば医師も前向きに検討してくれるようになります。特に車を運転するという目的がはっきりとしているとどんな薬を選んだら良いかも医師が判断しやすくなるのでスムーズです。うつ病に使用できる薬はかなりの数があるので、治療の方向性を明確にして薬の変更を厭わない意思があることを伝えましょう。