病気で免許取得可能か

エステティシャン

多くの人が必要とする免許

持病がある人が自動車の運転を禁止される場合があり、最近になって多くの人がかかるようになった躁うつ病にかかってしまうとこの規定に当てはまることになります。ですが、そう病のみとかうつ病のみと言った場合では、運転が禁止されることにはなっていません。最近では高齢者の交通事故を心配するケースが非常に多くなっていますが、持病を持つ人などは年齢に関係なく注意する必要が出て来ています。そのためこの病気は大丈夫と言う安心感を持つことは危険で、うつ病を持っているから運転には注意が必要と言う心がけが大事なことになります。今の日本では車の運転をしないと生活が成り立たないと言うケースも多く、うつ病だからと言って一方的に免許を取り上げることが難しいことも現実です。そのため、眠気やめまいが起こるなどの症状がある場合では、十分な注意を払うのではなく、危険を伴うと感じた時には操作をしないようにすると決めらました。また病にかかったことで病院にかかり、医師などから薬の処方をされることも多く、自動車を動かすことに問題が起きないとも限りません。医師の診断に従うことも大事なことなり、症状が悪い時などは誰かに変わってもらうなどの方法を取るべきです。これらのことからうつ病にかかっている人は、運転は出来るだけ避ける方が良いと判断すべきことになっています。

うつ病を持った人が心配になることが、自動車保険への加入です。基本的には健康状態の告知義務はなく免許証を取得することが出来、運転が出来る人ならば誰でも取得可能となっています。ですが免許証を取得する時に、運転することに対し支障がなく健康であることが求められており、道交法では車の運転に支障をきたす恐れのある病気を持つ人は取得が許されないケースや取り消されるケースが出て来ます。運転に支障をきたす病気に関しては、一定の病気等に関する質問票の提出義務があり、この場合虚偽の記載をした時には1年以下の懲役か30万円以下の罰金が科されることになります。この一定の病気には、認知症や統合失調症、更には躁うつ病などがあり、確実に申告する必要がありますが、うつ病だけの時には申告する必要はありません。これらのことから、うつ病だけでは運転免許を取得可能であり、自動車保険に加入することも問題なくなります。そのため、持病が原因で事故を起こした時でも自動車保険の補償は受けることが可能となっています。だからと言って病気を持っても大丈夫と言う安心感は捨てることも大事なことで、ひとつ間違えば人の命にかかわって来るからです。安全・安心出来ると自分で考えるだけでは危険なことで、周囲のことも十分に把握して車に乗ることが大事なことになります。