精神疾患の方は要注意

注射器

精神疾患とカーライフ

うつ病の人は自動車の運転をしてもいいのかどうかについては、「人にもよる」が模範解答だと思われます。というのも、うつ病や統合失調症などの精神疾患を持っている方の中には、何年も精神科の薬を飲み続けた結果、集中力や注意力が低下し、交通事故を起こしやすいタイプの方が一部にいます。そのような方は、大抵主治医が自動車の運転にドクターストップをかけるのですが、プロの精神科医とて人間です。患者が交通事故を起こしやすいタイプか否かの判断は正確ではありません。この場合、精神疾患者は、「自分の心と体は自分自身が一番知っている」と自分に言い聞かせ、自分が自動車の運転をやってもいい人間かどうか、自己責任で判断することが求められます。精神疾患者は、ほとんどの人は、精神疾患者には見えません。なので、特に男性の場合、周囲の人間から「なぜ運転免許を取らないんだ」「男性なら仕事で自動車を使うことが多いだろう」などと、怠け者扱いされるケースもあります。しかし、その精神疾患者は、「自分が自動車の運転をするのは危険だ」と判断しているから、敢えて免許を取っていないのです。周囲の人間には、「精神疾患者=単なる怠け者」などと安易に考え、軽々しい説教をしないことが求められます。

うつ病の方が、仕事やプライベートで自動車を使うなら、AT限定の免許を取った方がいいでしょう。求人情報を色々と調べてみても、AT限定不可という求人はそれほど多くありません。万が一運転中に自動車事故を起こして相手を死なせてしまったらということを考えたら、やはりAT限定にした方がいいでしょう。近年、高齢ドライバーによる自動車運転事故が数多く報道され、「一定の年齢に達したら免許をはく奪しろ」「運転に不安を感じたら免許を自主返納するべきだ」「立場を考えろ」などの厳しい意見が全国各地からあがっています。うつ病などの精神疾患者による自動車事故が頻繁に報道されるようになったら、今度は精神疾患者が、高齢者と同じようなことを日本中から言われるでしょう。なので、精神疾患者が自動車の免許を取って仕事やプライベートで運転がしたいのなら、AT限定免許を取って、自動車事故のリスクをなるべく抑える必要があります。特に男性の場合、自動車免許を取ることは、男性としての魅力を高めるための重要な要素です。女性をドライブに連れて行ったり、仕事で自動車を使ったりすることはステータスの象徴でもあります。しかし、運転技術に難のある精神疾患者が無理をして事故を起こしてしまっては元も子もありません。ドクターストップがかかっていないなら、自己責任で免許を取って、カーライフを充実させてください。

顔に触れる女性

病気に見えないこともある

うつ病には双極性障害や仮面うつ病など、それぞれの特徴があり自動車の運転をする場合は症状にあったアドバイスが必要となります。日常生活で気をつけることができるのは、気分などの状態がよいと判断できれば運転なども安心してできるということです。
施術台

自動車に乗り続けるために

うつ病の治療薬の中には注意をすれば、運転ができるものも存在しているので、運転を仕事としているなら利用を考えましょう。ただ、うつ病の薬を処方してくれる医療施設は、予約が必須なので、診察して欲しいなら事前に連絡をしなければいけません。
エステティシャン

病気で免許取得可能か

うつ病を持つ人は自動車運転免が取れないと考えている人もいられると思われます。免許取得時に持病の申請が必要になり、自動車運転免許を取れない持病には、そううつ病があり、うつ病だけでは取得が可能となっています。
カウンセリング

車を使えるようになろう

病気や服用している薬が原因で車を運転できないことがありますが、うつ病の場合にも同様です。医師に相談して運転することができる薬に切り替えてもらって様子を見ましょう。場合によっては薬の切り替えで大きな症状の改善が見られます。